ファスティングプレミアム

美容健康ダイエットに話題のこだわり酵素ドリンク、効果的なファスティングにおすすめのファスティングプレミアムについて。一般的なダイエットから、一流モデル、歌手、芸人、スポーツ選手、格闘家、各界の成功者など体調管理まで人気の杏林予防医学研究所山田豊文先生も採用する品質。

タグ:断食

1日0食で細胞力を取り戻す断食のすすめと雑誌ザ・フナイ掲載ホンモノの予防医学

著名な方や一流アスリートの健康管理もしております山田豊文先生の断食・ファスティングの記事が雑誌掲載されています。ザ・フナイ 2017年4月号です。


「健康のエキスパートが伝える、ホンモノの予防医学」

「1日0食で細胞力を取り戻す断食のすすめ」

funai201704


◆書名:月刊誌『ザ・フナイ』2017-4月号(vol.114)
◆出版社:船井本社
◆発売日:3/3(月)発売予定
◆価格:1冊 1,650円(税込)


ザ・フナイ出版社サイト公式
カリスマ・コンサルタントとして船井総合研究所を創業、著作多数の船井幸雄を創刊主幹とするオピニオン誌。主幹は船井勝仁氏。
「マス・メディアには載らない本当の情報」をさまざまな分野の超一流の人々が毎月、本音でストレートに書いています。

ザ・フナイ公式はこちら


雑誌ご購入はこちら
ザ・フナイ 2017年4月号



関連情報

断食ファスティングとは山田式ミネラルファスティングジュース
ファスティングの方法

山田豊文Toyofumi Yamada
杏林予防医学研究所所長。「細胞環境デザイン学」を独自に提唱し、「杏林アカデミー」(2013年開校)や「アカサカフロイデクリニック」(2015年開院/武井みずほ院長)を通じて、本来あるべき予防医学と治療医学の啓蒙や指導を行う。近著に『死ぬまで元気に生きるための七つの習慣』(山と渓谷社)など。杏林予防医学研究所
杏林予防医学研究所とは

杏林予防医学研究所開発・検定サプリメント




ファスティングとはファスティングの方法
ファスティング体験記


正規販売店ファスティングプレミアム
楽天正規販売店ファスティングプレミアム

ヤフー正規販売店ファスティングプレミアム

ザ・フナイ 2017年4月号
ザ・フナイ 2017年4月号

体すっきり高品質酵素ドリンクと老けない体をつくる食べ方に掲載ファスティングプレミアム


宝島ムックに掲載

酵素のファスティングで体をすっきり

体をレスキューする食べ方
体をすっきりさせる半日プチリセット

ファスティングとは
ファスティング効果
ファスティング体験記
ファスティングガイドブック

ファスティングプレミアム
山田先生お勧めファスティング

食べるほど体が若返る

  • 骨を強くするには大豆
  • 血糖値を抑える冷たいご飯
  • くるみを食べてボケ防止
  • 緑黄色野菜でがんを防ぐ
  • 血管を若くする昆布

  • PART1 老けない食べ方
    亜麻仁油を生のままで摂る!
    牛乳をやめて大豆を食べよう
    栗で骨と血管が若くなる
    苦い青菜で骨の代謝を活発に!
    朝と夜に飲む水は“宝水"
    昆布が血管を若くする
    目のアルツハイマー病を防ぐたこ
    自然塩なら神経質にならなくてOK
    パン・麺よりもごはんを食べる
    がんに効く野菜を毎日食べる!
    穀菜食が糖尿病改善の鍵!

  • PART2 老け食はどれ?
    肉が大好きで、たまには食べたい! そんな時でも特にNGなものは?
    脳の健康と体の潤いのため絶対に摂ってはいけない油は?

  • PART3 体をレスキューする食べ方
    少食&断食は究極のレスキュー法
    肝臓の解毒力アップ食材
    体内殺菌&抗がん食材

  • PART4 日本の食事が危ない


  • PART5 老けない体をつくる生活術
    正しい呼吸で若返り力をつける
    よい姿勢は効果的な筋トレ
    脳を若返らせるウォーキング
    音楽は五感を豊かにし、細胞を活性化!


公式サイト 宝島社TJMOOK 知恵袋BOOKS 老けない体をつくる食べ方

書籍の購入

老けない体をつくる食べ方


関連情報

体をレスキューする食べ方
体をすっきりさせる半日プチリセット

ファスティングとは
ファスティング効果
ファスティング体験記
ファスティングガイドブック
ファスティングプレミアム
山田先生お勧めファスティング


山田豊文先生
杏林予防医学研究所所長。米国公益法人ライフサイエンスアカデミー理事長。あらゆる方面から細胞の環境を整えれば、誰でも健康に生きていけるという「細胞環境デザイン学」を提唱し、本来あるべき予防医学と治療医学の啓蒙や指導を行う。細胞環境デザイン学に基づく医療を提供している。主な著書に 『死ぬまで元気に生きるための七つの習慣』(山と渓谷社)、『細胞から元気になる食事』(新潮社)、『病気がイヤなら「油」を変えなさい!』(河出書房新社)など。また、医師や歯科医師を中心とした日本ミネ ラルファスティング協会を主宰し、自身の理論を啓蒙すると共に、幼児教育、医療、美容、スポーツなど、さまざまな分野でもこの理 論を展開し、各界の著名人から支持を得ている。

山田豊文先生著作



ファスティングをわかりやすく図解 脳がよみがえる断食力


ケトン体を活かす

  • 頭が冴える
  • 健康になる
【図解】脳がよみがえる断食力

断食は単なるダイエットではない。体にたまった毒を出し、脳の力を飛躍的に高めるメソッドだ! アスリート、アーティスト、経営者などから絶大な信頼を得ている著者が、自身のオリジナル断食プログラムを徹底解説。「ケトン体」を出す方法から断食前後の過ごし方まで、脳がよみがえる断食の秘訣を大公開

脂肪を燃やしてできるケトン体が空腹を軽減
脳がリラックスモードになり潜在能力を引き出す
長寿遺伝子がオンになり若返り効果も


◆書名:『【図解】脳がよみがえる断食力』
◆著者:山田豊文
◆出版社:青春出版社


公式サイト 青春出版 【図解】脳がよみがえる断食力

ファスティングをわかりやすく図解 脳がよみがえる断食力


関連情報
山田豊文先生
杏林予防医学研究所所長。米国公益法人ライフサイエンスアカデミー理事長。細 胞の機能を細胞自身が求める極限にまで高める栄養素を提供することにより、人は誰でも最高に健康に生きることができる。それこそ が予防医学・治療医学のベースになるという独自の理論「細胞環境デザイン学」を確立。また、医師や歯科医師を中心とした日本ミネ ラルファスティング協会を主宰し、自身の理論を啓蒙すると共に、幼児教育、医療、美容、スポーツなど、さまざまな分野でもこの理 論を展開し、各界の著名人から支持を得ている。

山田豊文先生著作
山田豊文氏の本


ファスティングとは
ファスティング効果
ファスティング体験記
ファスティングガイドブックファスティングの方法

杏林予防医学研究所まごわやさしい油と健康食事と健康
体に蓄積した有害物杏林予防医学研究所開発・検定サプリメント

断食ファスティングの成功例や小食のメリットが雑誌に掲載

毎日が発見2016年1月号表
100歳まで美しく強く生きる
毎日が発見2016年1月号P129 (紙面から一部引用)
株式会社富士山マガジンサービス


細胞の環境を整えれば、だれでも健康に生きていけるという、「細胞環境デザイン学」を提唱する、杏林予防医学研究所の山田豊文さん。高血圧や糖尿病などの生活習慣病はお金をかけないで治せる、とのこと。ポイントとなる摂るべき食材、油、治癒力を高める方法を伺いました。

一流アスリートや著名人の健康管理をされている方です。この雑誌の記事では山田豊文氏が提唱する「細胞環境デザイン学」の9つのメソッド(断食を中心に、水、光、呼吸、空気、食べ物、脳、心、休息、運動)が紹介されています

病院や薬に依存しないために小食習慣始めよう


急騰する医療費生活習慣病は病院や薬では改善しない
細胞の治癒力を最大限に発揮させて
現代の生活習慣病を改善しよう

断食前後の小川直也さん 体重130Kg
柔道家時代の小川選手 体重115Kg
彼は私の食事療法をよく理解し、食事の改善を重ね、半年後にはベストの115キロまで落とし、ファンを驚かせました。


小川選手が実施した家庭でもできる断食法山田式ファスティングとは

空腹のメリット


  • 血糖値が安定する
    食べる量が多いと血糖値の上下が激しく、空腹感を覚えやすい。
  • 胃や腸など消化器官の負担を軽減
    空腹をつくることで胃腸を休ませ、働きやすくする。
  • 消化吸収能力が向上する
    空腹状態だと体が栄養素を欲するため、消化吸収能力が飛躍的に向上する。
  • 夜、良質な睡眠が確保できる
    消化吸収のために内臓が活発に働くと、体は充分に休まらない。
  • 食事からの有害物質の摂取が減る
    食事の摂取量が減ると、必然的に有害物質を含むものを取り込むリスクも減る。
  • 長寿遺伝子のスイッチが入る
    長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)が活発になり、老化を抑え体が若返る。
  • 脂肪を脳で使えるエネルギーに変える
    糖が不足すると脂肪をケトン体に変え、脳のエネルギー源として利用する。
  • 集中力が高まり、頭が良くなる
    血糖値が下がってインスリンの出る量が減ると、記憶に必要な脳内のタンパク質が活性化し、記憶力が向上する。


特に大切なのは食事。
ポイントは少食、適度な運動、油の取り方

亜麻仁油

毎日が発見1月号

急騰する戦後日本の国民医療費 平成26年度は約40兆円
国民1人当たりの医療費は約31万4,000円で過去最高




毎日が発見とは
毎日が発見2016年1月号表
100歳まで美しく、強く生きる。60代からのあなたの生き方が日本を支えます。
【1. からだとともに生きる】新しくなる『毎日が発見』は私たちの年齢の重ね方を話し合い、ときに笑いとばし、面白がりながら、新しい“高齢者”になってみようという雑誌です。
【2.あたまを使う、勉強する】若いときには気がつかなかったことが、やっとわかる。若い人から見たらただの中高年も、私たち同世代には一人ひとりの個性と発見がはっきりと見てとれます。そこを応援しあい喜びあいたいのです。
【3.こころをつなげて生きる】誰かがあなたを見つめ励まし、あなたが誰かを応援する。そんな初めての雑誌に、『毎日が発見』がなるように、ぜひ、あなたも参加、体験、発信してください。

詳細はにつきましてはぜひ毎日が発見2016年1月号をお読みください。

公式サイトはこちら


小川選手が実施した家庭でもできる断食法山田式ファスティング

ファスティングとは
ファスティング効果
ファスティング体験記
ファスティングガイドブックファスティングの方法
夫婦で楽しむ、ファスティング入門

はるな愛さんお腹ぺたんこのファスティング酵素ドリンク


デトックスや脂肪燃焼などファスティングがもたらすメリットが雑誌掲載


毎日が発見2016年1月号表


断食成功例や小食のメリットが雑誌 毎日が発見に掲載

ブログネタ
ダイエットと食事 に参加中!

有名人が実践する断食や酵素ファスティング効果が雑誌掲載


掲載内容(紙面から一部引用)

  • たけし、タモリら芸能人やアスリートも実践!桐島洋子さんも!

「一日一食」で最高の人生を手に入れる

ゆほびか 2015年 02月号



ファスティングプレミアム
「一日一食」で最高の人生を手に入れるタモリやビートたけし、水谷豊、Gackt… 一流の芸能人の間で「一日一食」の食生活がひそかに行われています。

横綱・白鵬も場所中は空腹で取組に臨めるように「少食」を実践、歴代の連勝記録を更新しました。なぜ、食べないほうが調子がいいのでしょうか?
環境・食品問題のジャーナリストがたどりついた結論、余命宣告されたガンから生還した女性の体験談、時代を象徴する作家の自然体の取り組み方など、実践者のお話をじっくり伺いました。さらに、断食が体に及ぼすすごい効果を、当代きっての専門家の先生に解説していただきました。


横綱白鵬の連勝記録の原動力は小食

細胞の1つ1つがよみがえる

穀菜食7つの食材

マゴワヤサシイ


断食・ファスティングを実践する芸能人、著名人

「オイラは一日一食しか食べないよ。朝は野菜ジュースだけ」(『週刊ポスト』2013年7月12日号)ビートたけし
「ヒザ痛を治すため断食。頭がスッキリし、感覚も研ぎ澄まされ、病み付きになり、以来、年に1度、1~3日ほど断食する」(『週刊現代』2011年3月5日号)為末大
「プチ断食を10年以上。野菜果物ジュース約2?しか口にしない」(『からだにいいこと』2011年11月号)木村多江

「オレ、一日一食しか食べない」(フジテレビ系列『笑っていいとも!』放送内での発言)
中居正広「タモリさんは、27時間テレビで1回も食べなかったんですよ。僕らなんか、昼食べて、間の時間におにぎり食べてとかですけど、なにも食べなかったんですよ」
タモリ「食べるとね、絶対にバテると思ったの」
中居正広「1週間に1回、断食してるんですって?」
タモリ「完全に24時間食べない!」
(フジテレビ系列『とんねるずのみなさんのおかげでしたSP』2014年3月27日放送での発言)タモリ

「ぼくは基本的に朝とお昼、食べないんですね。ですから、夜にかけてますから夜になると野生に戻るんですね。食べたいほうだいね」(テレビ朝日系列『徹子の部屋』2014年4月25日放送での発言)水谷豊
秋元康「Gacktさんって、ホント生活感、感じないですよね?ご飯とか食べるんですか?」
Gackt「一日一食は食べますよ」
(ニッポン放送「秋元康の自分の時間」2001年12月18日放送での発言)Gackt

「(若さの秘密を尋ねられ)1つは『食べないこと』。正確には一日一食しか食べない。体を飢餓状態にすることで、抗老化遺伝子といわれるサーチュイン遺伝子を目覚めさせ、体の細胞を若返らせているんです」
(『日刊ゲンダイ』2014年7月26日)千葉真一

「一日一食で若いころの体型を維持。いつでも美剣士ができる」
「食べる量や、何を食べるかは全く制限していません」(『壮快』2012年6月号インタビュー記事より)京本政樹

「一日一食。睡眠時間4時間。冴えた状態をつくるには、やっぱり食べないこと。食べれば眠くなるし、頭がぼける。事実太っていたときに書いた曲はよくないんだよね」(『婦人公論』1992年8月号)三枝成彰
「かれこれ30年以上続く食事スタイルが、『一日一食』でる」
「健康診断でひっかかるとか、大きな病気になったことがありません」
「デビュー時の体重は52.5キロでしたが、現在は45キロを保っています」(『壮快』2012年6月号インタビュー記事より)未唯mie

「ふだんは一日一食、腸内洗浄を毎日」(『週刊現代』2003年1月19日号)阿藤快



その他目次
公式ゆほびか2015年2月号
「体温を上げる」と病気は自然に治る、美人になる!
89・8%の病気は体温を上げれば防げる!
免疫の名医、大学教授らが最強の温め方を指南

「顔をもむ」と万病が治る!脳が活性化!
「ママの体と心」が元気になる3つの知恵
「インフルエンザの本当の治し方」

さらに詳しくはこちら

ゆほびか2015年2月号
ゆほびか 2015年 02月号

断食、ファスティング情報


ファスティング体験記
ファスティングとはファスティングの方法


ファスティングガイドブック

ファスティング効果

有名人が実践する断食やファスティング効果が雑誌掲載



ファスティングプレミアム

このページのトップヘ